笹の徒然なる日々

日々考えたことを綴ります

宮崎市長選挙 選挙対策本部長のお名前

開設して間もないこのブログであるが、ここ数日アクセス数が増えている。ありがたいことに読者がいるようで情報提供もいただくようになった。

 

爆サイ.com -九州版- 九州最大級のコミュニティ掲示板というサイト、ご存知だろうか。

キーワードに「宮崎市長選挙」といれると市長選に関するスレッドページが表示される。

「2018宮崎市長選挙」というスレッド内に私のブログが紹介されていた。
どなたかわからないが感謝します。

 

書かれている内容は、多くが選挙の関係者による投稿という印象だ。
ただ一つ、おもしろい書き込みの仕方をしている人がいた。
こうした掲示板サイトにしてはとても丁寧な文章で、しかも名前を毎回書いているのだ。山村善教さんという人だ。

f:id:sasakawada:20180108195136p:plain

こういうサイトは匿名書きやハンドルネームが一般的だから、山村善教って偽名か何かだろうと思ったら、おっと!!
検索したらフェイスブックツイッターが引っかかってきた。
どうも本名でも現実にいるようだ。しかもこの宮崎市内に
(もちろん、誰かが成りすましをしている可能性もあるが)

この山村氏、何している人なんだろうと調べると、お医者さんだった。
さらに検索をかけると、こんな記事が。
◯とじき正 事務所開所式

blog.goo.ne.jp

11月5日(日)11時からとじき正事務所開所式が行われました。選挙事務所開きの神事が執り行われ、とじき正後援会連合会長の栗林忠信先生、武井俊輔衆議院議員財務大臣政務官長峯誠参議院議員、一ノ瀬良尚宮崎市議会議長、川名隆司宮崎市郡医師連盟委員長が挨拶しました。その後、戸敷正氏が事務所開設に当たり決意表明を行いました。ついで、選挙対策本部長の山村善教先生が締めの挨拶を行い、平野 均とじき正後援会青年部長の音頭で来年1月の宮崎市長選挙へ向けて頑張ろうを三唱しました。

選挙対策本部長の山村善教先生!!

なんと戸敷正市長陣営の選対本部長がスレッドに書き込み!?
これ、本人がもし書いているとしたらすごいことだ。

 

「face bookで清◯候補の矛盾点を必死で指摘おります。皆様、市長には戸◯候補を是非ともお願い致します!」

 

とか、戸敷市長の選対本部長が、清山氏の攻撃材料を必至にネット掲示板で呼びかけて集めようとするってのは、どうなんだろうか。それだけ清山氏の追い上げに危機感を持っているということか。

 

そして、おそらく同一人物だと思われる山村さんのTwitterにもこんな文言。

f:id:sasakawada:20180108194416p:plain

すごく清山氏を敵視している模様

高齢者の気持ちを無視して、っていう発言。
若い人たちからしたら、若い人の気持ちを無視してって言えないか。
今の疲弊しきってるこの国を作ったのは高齢者のみなさん。
あなたたちが生き抜いた若い時代と今の若い時代は明らかに違う。
私も50代の中頃になって、寄り合いによってはまだ若手と言われるが、自分の息子たちの世代を見ていて、申し訳ない気持ちになることがある。

昔に比べたら便利になった、豊かになったと言われるが、今の若い世代には若い世代の問題があって、それが若い人たちを傷つけているのは明らかだ。
高齢者を大事にする気持ちは大切だが宮崎の未来を考えるならば、若い未来ある者に対して、高齢者が応援するような気持ちを持たないでどうする。

自分が若い時もそうだったが、昔から宮崎には、若い人間が頑張ろうとするのに対して足を引っ張る傾向がある。今回の市長選挙現職に対して30代と40代の若い世代が、未来に危機感を持って立候補をしようといるのは、市民としてはありがたいことだと思う。それを、寄ってたかって足を引っ張ろうとする様子は、見ていて気持ちのよいものではない。