笹の徒然なる日々

日々考えたことを綴ります

宮崎市長選挙 戸敷市政継続とこれからに注目

昨日、投開票日だった宮崎市長選挙が終わった。
このブログの読者はお分かりのように、私の気まぐれで昨年末からふと、と思い立ち今回の市長選挙関連に関して書いてきた。

結果は、現職・戸敷市長の当選。
残念ながら期待していた新人の清山氏・伊東氏ともに届かずだった。

 

2018年宮崎市長選挙の結果

  • 戸敷  正 64006票(当選)
  • 清山 知憲 53710票
  • 伊東 芳郎 21269票

 

2位の清山氏に1万票差をつけて当選した戸敷氏だが、過去に彼が通ってきたどの選挙結果より厳しいものであり清山氏、伊東氏の票数を合わせると戸敷氏の票数を上回ることから、現市長の市政運営に対して不満を持つ市民が多いことは一目瞭然である。

 

投票率は前回より伸びたものの、8年前の2010年の投票率48.15%には届かず、42.21%にとどまった。
当日棄権した残りの5割の人間が投票をしていたらどんな結果になっていただろうか。

 

選挙戦に関しては、連名ポスターが張り出されたり、ネットの配信も活発だった陣営(主に清山氏だったが)と過去に比べると活発だった。
そういう意味からも、投票率が低かったのは残念だが今回の市長選挙はいつもよりも宮崎市の将来を考える機会が多く目につくところに転がっていたことは確かだろう。

 

さて、当選を決めた戸敷市長のこれからを注目していきたい。

 

29日付の宮崎日日新聞よりこんな一節があった。

戸敷氏組織力で圧倒
戸敷氏は公約でアリーナ新設を前面に打ち出したが、現時点で財源や事業計画などはほぼ白紙。10年後に耐用年数を迎える市庁舎問題も抱えるが、その計画、財源すら固まっていないのが現状だ。アリーナ現実のハードルは相当高いとみられ、今後の市政運営へ大きな懸念を残したと言えそうだ。

 

選挙の時だけ、政治家は・・・なんて言葉が年内にも聞こえてくるかもしれない。


戸敷市政を当選させた組織と戸敷氏が、次の4年後の市長選までに市民が納得できる宮崎市のまちづくりの先頭に立ち、素晴らしい市政運営の舵取りをしてくれることを願ってやまない。

 

そして当たり前だが今後4年間、清山氏と伊藤氏のバックにいる市民を忘れずに市政運営をしていただきたいものだ。これからも戸敷氏の市政運営を注視していく。

宮崎市長選挙 新人の違い 

宮崎市市長選挙が始まっている。
情勢はどうなっているのだろうか。

1月22日付・西日本新聞

www.nishinippon.co.jp

1月23日付・宮崎日日新聞

www.the-miyanichi.co.jp

 

自民は、当初の報道通り戸敷氏と清山氏に支持が割れているようだ。
23日付の宮崎日日新聞では、清山、伊藤氏と追い上げると両氏並んだ書き方だった。

 

この新人2人の伊藤芳朗氏と清山知憲氏の違いは何か
どうも違いがわからないので今一度ハッキリしてみる。

 

伊藤氏、清山氏共に新人同士、医療関係者、年齢はどちらも現職より若いがもっとも若いのは清山氏36歳。

 

3候補の支援者は以下の通り。

◯戸敷正氏(現市長)
宮崎市郡医師会全面応援(※先日のブログで言及したが私はこの支援は懐疑的だ)
自民党・・・市内7支部で戸敷氏と清山氏の支援で対応が割れる
松下新平参院議員のみ出陣式に出席

 

◯伊藤芳朗氏(新人)
市民連合みやざき 推薦 
共産党県中部地区委員会 自主支援

 

◯清山知憲氏(新人)
自民党・・・市内7支部で戸敷氏と清山氏の支援で対応が割れる
・全国各地の若手議員仲間が多い
東国原英夫前宮崎県知事が支持

 

伊藤氏は共産党へ推薦願いをしてはいないが、

伊東氏と政策協定を結んだ市民団体の「市民連合みやざき」から伊東氏を支援するよう依頼が共産党県中部地区委員会にあったようだ。
つまり伊藤氏は共産党推薦者・共産党と間接的ではあるが政策協定を結んでいると捉えてよい。

 

清山氏についてはどうか。
清山氏の選挙前に書かれていたブログを追ってみた。

清山氏のブログを追って読んでいると、色々な集まりにも顔をだしたり、自ら企画して情報を発信しているようだが、例えば

清山氏のブログより
時代は健康経営 (三宅琢氏)
アートセンターでの外相演説(河野太郎外務大臣)
  河野大臣と言えば、最近ミャンマーの視察でニュースになっていた。
東京、兵庫からの仲間とフルコースで活動してきました(東京都議・おときた駿氏、兵庫県議・中田慎也氏)

と更新が新しいブログ内容ををザッと見ても広く知り合いと支援者の仲間がいるようだ。ある意味、36歳とういう若者らしい多様的な交流を持っている。
逆に36歳という若者でこれだけの人脈を持っていることが清山氏の人望の強さの表れともとれる。

 

こうして伊藤氏・清山氏を見比べると、一定の色に染まらず多様な層の交流・支持を持っているのは清山氏だと伺える。

私は、正直なところ演説というものは基本的に聞きに行かない。
もちろん判断材料の一つにはなるが、政治家目指す者は基本喋るのがうまいやつらばかりだ。喋りならその場で言ってもあとに何も残らないことも多く耳障りの良い言葉を並べられると頷いてしまうし、声の抑揚やその場の雰囲気に飲まれて結局のところわざわざ聞きに言っても冷静な判断がつけにくくなる。

ただ、一昔前、マニフェストという言葉が流行ったが、それだけで判断するのはやはり危険だ。そしてこういう政治の世界は、類は友を呼ぶという言葉通り、人は自分の利益になるところへ寄っていくのが世の常だ。

政策 × 応援している人間の層 も参考にしながら投票する先を判断を冷静かつ建設的な未来を想像しながら有権者は決定してほしいものだ。

宮崎市長選挙の立候補予定者討論会に参加

風邪を引いてしまい、ブログの更新が滞ってしまった。

14日に宮交シティで行われた宮崎市長選挙の立候補予定者討論会に行ってきた。素晴らしい会だったのだが、会場が寒かったからか帰宅してから悪寒がし、この2日寝込んでしまったというわけである。

今回の公開討論会の主催者は、主権者教育を考える活動をしている市民団体「ダイバーシティ宮崎」は「親子で学ぶ」というのを掲げており、会場にキッズスペース(託児)があるのはとても良いと思った。子供たちは会の最中も静かに遊んでおり、進行の妨げになるようなこともなかった。子供たちを前に、立候補予定者が街の未来を語るというのはとてもよい取り組みである。ぜひ今後も続けてほしいが、できれば次は暖房がきく会場でお願いしたい。

f:id:sasakawada:20180117120646j:plain 

討論会で話されたことは、事前に公募であつまった市民とのワークショップで設問を決定した7項目。一つの設問に対して1人3分の持ち時間で話がされた。発言の順番は公平性を期すためにくじ引きで決めたそうである。会場で実際に話を聞いた、各候補の印象について所感を書いてみる。

f:id:sasakawada:20180117120819j:plain

とじき正市長

発言の際に度々「私ども」というのが印象に残った。行政の長として「市としてどう取り組むか」という視点での発言が多く、さすが現職と思う反面、リーダーシップがないと批判される要因でもあるのかなと感じた。ここは好みが分かれる所だろう。伊東氏が戸敷市政への批判をしてきた中でも、感情的になることなく、冷静に自分の発言を行っていたことから、安定感もある。教育や防災についての発言には特に気持ちがこもっていて、事業実施の背景や実績を丁寧に説明していた。

アリーナについては、5000人収容のアリーナがあれば嵐やエグザイルが呼べると言い切っていたが、鹿児島や熊本にもほとんど呼べていないことを考えると、見通しが甘いと言わざるを得ない。2年前から準備をすすめてきたという発言があったので、コンサートだけでなく当然スポーツ施設としての利用も想定し、ひょっとしたら民間資金の活用に目処が立っているのかもしれないが、今日の話だけでは不安が残った。
現職に対してなので、どうしても厳しい見方になってしまうが、これから取り組む話の多くに対して「なぜ2期8年間でやらなかったのか?」と疑問に思ってしまう所も多かった。

伊東よしろう氏

辻立ちをしているところを見かけたことがあるが、話を聞くのは初めて。喉が枯れていて、日々の活動を相当頑張っている様子が伺えた1人だけ、イメージカラーのジャンパーを着ているのもインパクトがあったが、どちらかといえば悪目立ちか。
アリーナについては、あるに越したことはないが、市の財政に余裕がなく、市民からの要望もないので反対。体育競技施設は、既存施設を国際大会、プロスポーツが誘致できるレベルに整備拡充することで対応。中学生まで医療費の完全無料化、市庁舎立て替え反対でハコモノ行政」と現職を批判しており「共産党の候補」という印象になってしまっていた。新人なので現職を批判するのは当然だが、一人だけ街頭演説のように大きな声を出していたこともあって攻撃的な印象が残った。
無料化政策については「どれだけの予算が必要なのか、そのための財源はどうするのか」について説得力ある説明がなく宮崎市の財政状況を考えると伊東氏が当選しても実現できるとは思えない。こういう人気取りの無料化政策には違和感を覚える。
これまでの経験をアピールする流れで「誰よりも修羅場をくぐってきた」と大げさなことを言ったり、自分を大きく見せようと背伸びをしているようで印象が良くなかった。伊東氏に対しては、共産党が応援する候補ということもあってちょっと辛口になってしまったが、あくまで私個人の印象ということでご容赦願いたい。

清山とものり氏

清山氏の話を生で聞くのもはじめて。山村氏のネガティブキャンペーンを読むと、性格のきつい人物なのかと思っていたが、柔らかい語り口で、話も具体的でわかりやすかった
県議の経験からか、伊東氏とは違って財源の裏付けなどにも慎重に発言をしていた。アリーナについては、県との連携ができなかった点は批判しつつも、情報が公開されていないという問題点を指摘。まちなかの活性化は必須であることから、アリーナも含めて有効な策を当選後に検討するとのこと。
医療費は無料化ではなく「医療費助成の拡大」を主張。伊東氏は「助成の拡大はまやかしだ」と噛み付いていたが、コンビニ受診や医療費増大の問題を考えると、安易な無料化よりも少額の自己負担で対象年齢を拡大していく方が現実的であると思う。
他都市の先進事例や行動経済学の話など、さすがによく勉強しているという印象。農業、観光、スポーツなど宮崎市の強みを挙げて、市の可能性を前向きに強調していた。他候補の発言時にも熱心にメモをとっていたり、戸敷市政についても「良いところは継続する。これまで市長の重責を担ってこられた戸敷市長に敬意を表して」などの発言もあり、バランスの良い印象だった。


個人ブログということで、私の印象や感想を書いたので、それぞれの支持者の方には納得がいかない点もあるかもしれないが、ご容赦いただきたい。当日参加された方は、私のように主観でどんどんブログやFBを書けばいいと思う。ネット掲示板対立候補の悪口を集めるより、ずっといい。応援する候補の良い点を支援者がそれぞれアピールすれば、宮崎市長選挙がもっと盛り上がるのではないだろうか。

医師会と戸敷市長の「良好な信頼関係」とは?

宮崎市長選挙は1月21日告示、28日投開票ということで、激しい前哨戦が行われています。今日は町中に貼り出されたポスター、戸敷市長と白衣の男性(宮崎市郡医師会 会長の川名隆司氏)が握手で写っているポスターについて、興味深い話を聞いたのでまとめておく。

f:id:sasakawada:20180115084420j:plain

 

情報源は元国会議員秘書の友人。彼によれば、医師会などの団体が市長に推薦を出すのはよくあることだが、こうした街頭に貼り出されるポスターに医師会の会長が顔写真を出して全面的に応援するのは前代未聞とのこと。
(そもそも市長選挙でこうした2名が写っているポスターが貼り出されるのも異例らしい)

 

宮崎市郡医師会のブログを調べてみると、昨年末12月29日に会長の川名隆司氏からの年末の挨拶が載っていた。ちなみにタイトルは「忖度」である。

f:id:sasakawada:20180113190400p:plain

川名氏は、ブログの中で自身の写真が掲載されたポスターとのぼりについて言及し、宮崎市との「良好な信頼関係」を重視することを宣言している。なぜ、医師会はここまで全面的に戸敷市長を支援しているのか。

 

私がお世話になっている40代の開業医の方によれば、医師会の中でも戸敷市長を推す声と、医師で元県議の清山とものり氏を推す声があったらしい。しかし、医師会上層部はこれまでお世話になった戸敷市長との関係を重視し、清山氏に対して立候補を取りやめるよう相当な圧力をかけたらしい。

こうした話を総合すると、

宮崎市郡医師会の上層部は清山氏の立候補を止めたかった
※戸敷市長の選対本部長である山村善教氏は医師会副会長

②清山氏に種々の圧力をかけたが、清山氏は立候補を表明
山村氏が清山氏を執拗に攻撃するのはこの辺りに理由があるのか?

③戸敷市長との「良好な信頼関係」に黄色信号

④医師会として戸敷市長への全面支援を内外に知らしめるために
 医師会長の川名隆司氏との握手写真のポスターを作成

 

 

という流れではないか。

宮崎市郡医師会は宮崎市郡医師会病院を運営している。
元旦のブログに、平成32年度完成予定ということで、新しい病院ができるイメージ図が貼ってあった。

f:id:sasakawada:20180113190731p:plain

新聞で見かけたことあったな、と思いながら
宮崎市郡医師会病院 新設」で検索したところ、

日刊建設工業新聞 » 宮崎市郡医師会/病院移転建替(宮崎市)/ECI方式、17年度早期に施工予定者公募

の記事が出てきた。

建設地は宮崎市柏原地区。

市が建設地を確保し、建物は医師会が建設する。


市議会の議事録によれば、造成工事の事業費は36億8千万円という巨額の税金が投入されることになっている。

ちなみに柏原地区というのは、戸敷市長の出身地、生目にある地区である。
政治家というのは、育った場所を良くしたいという気持ちから出身地を贔屓するようなイメージがあるが、現市長の出身地が建設現場に設定されたのは、市長の意思か、それとも忖度なのか。
そして36億円以上の費用が市税でまかなわれているということは、医師会からすれば大きな「借り」になるのではないか。

人間関係は複雑で、いろいろな立場があって社会はまわっている。
病院が不要だと言うつもりはないし、なんでも「しがらみ」といって批判するつもりもない。


しかし、今回の宮崎市長選挙における、医師会の戸敷市長への全面支援には、いささかやり過ぎの印象を受けるのは私だけだろうか。

宮崎市長選挙 関心度数

宮崎日日新聞が実施した有権者100人のアンケートの結果が掲載されていた。

関心が「大いにある」「ある程度ある」の割合が100人中72人もいる結果は嬉しいことだ。


さて今日は、過去の市長選投票率と得票数を見てみる。

 

平成18年(2006年) 投票率:53.67%

  • 津村 重光(無所属)79,986票
  • 戸敷 正(無所属)70,176票
  • 松本 隆(日本共産党)5,369票

平成22年(2010年) 投票率:48.15 %

 

  • 戸敷 正(無所属)81,951票
  • 斉藤 了介 (無所属)48,739票
  • 由利 英治 (無所属)10,892票

 

平成26年(2014年) 投票率:31.56%

  • 戸敷 正(無所属) 87.447票
  • 橋口 寛(日本共産党) 13,192票


見事に投票率が下がっている。2006年から比べたら22%も落ちている。こうして並べてみると前回は本当にひどい。有権者の3割だけで宮崎市のリーダーを決めてしまっているという意味になる。


昨今、投票率低下が嘆かれているニュースもよく見るが、やはり自分たちが住んでいる生活の向上や、未来のことを考えるなら投票は絶対に行くことをオススメする。


日々の生活の中で、投票日や期日投票といえども紙に書いて投票箱に入れるのがおっくうになることはわかる。私も息子たちに言ったところで中途半端な答えがいつも返ってくるだけだ。


しかし、こうは考えれないか。

料理でも少し下味の準備をしとけば、美味しさが増す。

勉強でも予習や復習をすれば、理解が深まる。

仕事でも少しのアイディアや工夫で、連携がよくなる。


投票は有権者がすべき、住んでいる地域をよくするための、そして未来のための準備であり、工夫だ。残念ながらその準備チャンスは、4年に1度となるわけだから貴重とも言える。

この準備=投票を怠ると、待っているのは偏った味であり、偏った理解であり、偏った連携になる。


投票した結果、その候補者が当選しようが落選しようが、そこへ一石を投じた意思表示は市政に意識される日が来るだろう。このアンケート結果のような割合の有権者が投票行動を実際にすることを願ってやまない。

 

宮崎市県庁前発着 第8回県市町村対抗駅伝競走大会

本日は政治の話題から離れ、スポーツの話。

宮崎市県庁前を発着する第8回県市町村対抗駅伝競走大会が行われた。


スポーツを見るのは基本好きな方だが、駅伝大会は特にタスキをつなぐシーンや区間の駆け引きを見るのがまたドラマがあって良い。数年前から涙もろくなってきたのか、走る選手の顔を見ながらここまでに至る練習量や体調管理、周囲の人間の協力が頭をよぎりグッと来るものがある。

この駅伝大会のおもしろさはなんといっても、様々な年齢層が男女混在でタスキをつないでいくのがともていい。スタートは小学生。次が50歳以上。そして12区間の締めを飾るのが高校生。ゴールは若者が飾るのもまた勢いがあって、来年も見たい!という気になる。

 

駅伝に重ね、最後にいつもの政治ネタを。
現市長はすごいことに2区間を走りきった。ただ1人の人間が3区間目を走るには既に息切れがあるだろう。駅伝は一人で走るものではない。
次の1区間は別の人間が走る方が明るい宮崎のゴールに向けて、タイムが縮まると思う。

宮崎市長選挙 選挙対策本部長のお名前

開設して間もないこのブログであるが、ここ数日アクセス数が増えている。ありがたいことに読者がいるようで情報提供もいただくようになった。

 

爆サイ.com -九州版- 九州最大級のコミュニティ掲示板というサイト、ご存知だろうか。

キーワードに「宮崎市長選挙」といれると市長選に関するスレッドページが表示される。

「2018宮崎市長選挙」というスレッド内に私のブログが紹介されていた。
どなたかわからないが感謝します。

 

書かれている内容は、多くが選挙の関係者による投稿という印象だ。
ただ一つ、おもしろい書き込みの仕方をしている人がいた。
こうした掲示板サイトにしてはとても丁寧な文章で、しかも名前を毎回書いているのだ。山村善教さんという人だ。

f:id:sasakawada:20180108195136p:plain

こういうサイトは匿名書きやハンドルネームが一般的だから、山村善教って偽名か何かだろうと思ったら、おっと!!
検索したらフェイスブックツイッターが引っかかってきた。
どうも本名でも現実にいるようだ。しかもこの宮崎市内に
(もちろん、誰かが成りすましをしている可能性もあるが)

この山村氏、何している人なんだろうと調べると、お医者さんだった。
さらに検索をかけると、こんな記事が。
◯とじき正 事務所開所式

blog.goo.ne.jp

11月5日(日)11時からとじき正事務所開所式が行われました。選挙事務所開きの神事が執り行われ、とじき正後援会連合会長の栗林忠信先生、武井俊輔衆議院議員財務大臣政務官長峯誠参議院議員、一ノ瀬良尚宮崎市議会議長、川名隆司宮崎市郡医師連盟委員長が挨拶しました。その後、戸敷正氏が事務所開設に当たり決意表明を行いました。ついで、選挙対策本部長の山村善教先生が締めの挨拶を行い、平野 均とじき正後援会青年部長の音頭で来年1月の宮崎市長選挙へ向けて頑張ろうを三唱しました。

選挙対策本部長の山村善教先生!!

なんと戸敷正市長陣営の選対本部長がスレッドに書き込み!?
これ、本人がもし書いているとしたらすごいことだ。

 

「face bookで清◯候補の矛盾点を必死で指摘おります。皆様、市長には戸◯候補を是非ともお願い致します!」

 

とか、戸敷市長の選対本部長が、清山氏の攻撃材料を必至にネット掲示板で呼びかけて集めようとするってのは、どうなんだろうか。それだけ清山氏の追い上げに危機感を持っているということか。

 

そして、おそらく同一人物だと思われる山村さんのTwitterにもこんな文言。

f:id:sasakawada:20180108194416p:plain

すごく清山氏を敵視している模様

高齢者の気持ちを無視して、っていう発言。
若い人たちからしたら、若い人の気持ちを無視してって言えないか。
今の疲弊しきってるこの国を作ったのは高齢者のみなさん。
あなたたちが生き抜いた若い時代と今の若い時代は明らかに違う。
私も50代の中頃になって、寄り合いによってはまだ若手と言われるが、自分の息子たちの世代を見ていて、申し訳ない気持ちになることがある。

昔に比べたら便利になった、豊かになったと言われるが、今の若い世代には若い世代の問題があって、それが若い人たちを傷つけているのは明らかだ。
高齢者を大事にする気持ちは大切だが宮崎の未来を考えるならば、若い未来ある者に対して、高齢者が応援するような気持ちを持たないでどうする。

自分が若い時もそうだったが、昔から宮崎には、若い人間が頑張ろうとするのに対して足を引っ張る傾向がある。今回の市長選挙現職に対して30代と40代の若い世代が、未来に危機感を持って立候補をしようといるのは、市民としてはありがたいことだと思う。それを、寄ってたかって足を引っ張ろうとする様子は、見ていて気持ちのよいものではない。